●「人殺し医療サイクロン」の「健康診断」、「新型コロナワクチン」、「人工透析」「ワクチンパスポート」などは、「自然死」を知らない医者による「医源病」であり、マネーをかき集め生命を大量殺戮する「医療台風」に思われるから、①コンプライアンス違反(国家・厚生労働省、医療・病院、企業らが国税を悪用・乱用して製薬会社へ利益供与する共犯関係)、②CSR違反(多様性、社会的責任、企業労働者の健康を損ねて株主ステークホルダーの信用失墜)、③ハラスメント(嫌がらせ行為)、④人権侵害(生存権、労働権、差別、強制労働)の犯罪だから犯人らを逮捕すべし!国家は無駄な医療の税金を国民に返せ!


●「人殺し医療サイクロン」の「健康診断」、「新型コロナワクチン」、「人工透析」「ワクチンパスポート」などは、「自然死」を知らない医者による「医源病」であり、マネーをかき集め生命を大量殺戮する「医療台風」に思われるから、①コンプライアンス違反(国家・厚生労働省、医療・病院、企業らが国税を悪用・乱用して製薬会社へ利益供与する共犯関係)、②CSR違反(多様性、社会的責任、企業労働者の健康を損ねて株主ステークホルダーの信用失墜)、③ハラスメント(嫌がらせ行為)、④人権侵害(生存権、労働権、差別、強制労働)の犯罪だから犯人らを逮捕すべし!国家は無駄な医療の税金を国民に返せ!

Fuji:
まいど!京都サムライの富士です(^-^)

人殺し医療は大問題!( ̄▽ ̄;)「人殺し医療サイクロン」と名付けました^^*

ポイントは「ほとんどの医者は自然死を知らない」ことだよ!^^;

中村 仁一さんの本「大往生したけりゃ医療とかかわるな (幻冬舎新書)」8ページに次のように書いてある。

「また、医者の方も、何もしないことには耐えられないでしょう。しかし、それは、穏やかに死ぬのを邪魔する行為です。

ですから、ほとんどの医者は、「自然死」を知りません。人間が自然に死んでいく姿を、見たことがありません。」

だから、次の記事のようにワクチンを打った子供が死んでも「ワクチンと因果関係不明」「ワクチンの重大な懸念無し」として、いま新型コロナのワクチン3回目を岸田政府、厚生労働省は宣伝しているように、結局は、治験をしていないワクチンは人体実験だ↓↓↓

★「小児用ワクチン」接種後に11歳女児死亡 死亡報告は初

[2022/05/13 17:20]

https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000254623.html    

 「厚生労働省は5歳から11歳用の新型コロナワクチンを接種した11歳の女の子が死亡したと発表しました。小児用ワクチンを接種した後に死亡が報告されたのは初めてです。

 厚労省によりますと、11歳の女の子は先月28日に5歳から11歳用のファイザー製ワクチンの2回目を接種し、その2日後に死亡しました。

(中略)

 厚労省の専門部会は「情報不足などによりワクチンと死亡の因果関係は評価できない」としています。

 厚生労働省は「ワクチンの接種体制に影響を与える程の重大な懸念は認められない」として、引き続き国内外の報告を注視するとしています。」

Alps:

ワクチンを打って亡くなった人を政府・厚生労働省は認めず、4420万円を誰にも支払っていないね!( ̄▽ ̄;)

抗がん剤治療も?!

Fuji:

そう、抗がん剤治療を始めた翌週に植物状態になる事例は多い。

おれは、抗がん剤治療コロナワクチン接種人工透析健康診断などを「人殺し医療サイクロン」と名付けた。

人殺し医療サイクロンは、下記に示す通り、「医源病」であり、マネーをかき集め生命を大量殺戮する「医療台風」に見えませんか?

Fuji:

さて、健康診断やコロナワクチンは、下記のように致命的な医療行為だというのが、今回の投稿だよ(^^)。
(1)主に病院、企業、学校でコロナに感染していたという情報があること
→ 参考資料1へ

(2)健康診断、オリンピックの開催時期に感染ピークがあること
→ 参考資料2へ

(3)健康診断の血液検査で新型コロナに感染する危険性
→ 参考資料3へ

(4)レントゲン検査の被曝でがんになり、マンモ検診は乳がん死亡や総死亡を減らさないかもしくは増加させるという可能性
→ 参考資料4へ

(5) 降圧剤が人々を年間1万人も透析患者にする「人殺し医療サイクル」
→ 参考資料5へ

(6) 無駄な医療費が多すぎ、健康診断や人間ドックは世界で日本だけが実施
→ 参考資料6へ

などを考慮すると、法律で定める健診診断は危険であるため強制ではなく任意で実施するべきだ。たとえアフターコロナの時代であっても多数が集まる健康診断(がん検診も含む)は病院クラスター回避のためコロナ感染の危険が高い。

Fuji:

また、健康診断だけでなく、新型コロナワクチンも次のようにヤバくて危険だ。
(7) コロナワクチンの危険性(3%の人が働けない)を各国政府が隠していること(①新型コロナワクチンで副反応が出た3%の人が働けず日常生活に支障をきたし、医療のサポートが必要になっていること、ファイザー製薬の動物実験でネコ50匹が全匹死亡したこと、②動物実験で5回目接種から死亡、③動物が死に始めたので動物実験を中止
→ 参考資料7へ

(8) 新型コロナワクチンの副反応被害者が重篤なこと
→ 参考資料8へ

(9)「救済ゼロ」の「子宮頸がんワクチン副反応」も新型コロナワクチンと同じ「遺伝子ワクチン」だったこと
→ 参考資料9へ

(10) 書籍「ワクチンSOS」より日本病の定義の1つは、自分の保身や名誉やお金や利益や自分が生き延びるために、明らかにそれが間違っているとわかっていても、正しいことが何かわかっていても、それをやる勇気がなくて一歩踏み出すことができなくて集団で無視すること
→ 参考資料10へ

(11)イベルメクチンという良薬(予防・初期治療薬)について
→ 参考資料11へ
のように、ワクチンも極めて危険なため、我々全員はコロナワクチンを打つべきではないと思う。

実際、当方は新型コロナワクチンの代わりに (11)のイベルメクチンを購入して予防している。危険な「健康診断の強制」、危険でも「ワクチンを打つ強制(ワクチン打たせて強制労働)」、「ワクチンパスポートを持たないと自由に仕事をしてはいけない、飲食店に行けないような強制・規制」等があるなら、犯罪性も高い点で、

コンプライアンス違反(国家・厚生労働省、医療、企業から製薬会社への国税を悪用・乱用した利益供与)

ハラスメント(嫌がらせ行為)

人権侵害(労働権、差別、強制労働)

CSR違反(多様性、社会的責任、企業労働者の健康を損ねて株主ステークホルダーの信用失墜)

等の意識改革が必要だと思う。

どうしても、国・厚生労働省らが、京都サムライ・富士のおれにどうしてもワクチンを打てと強制するというなら、おれがすでに購入したイベルメクチンの購入費用は国が返してくれるとでもというのかい?できないだろう(^▽^)/

ワクチン強制やワクチンパスポート強制は、愚か者しかできない自由侵害の極みだ!(^^)

■参考資料1) 病院、企業、学校でコロナに感染していたという情報

Fuji:

ネットに次の情報がある。
★新型コロナ本当はここで感染してる意外な感染場所 Go Toでも夜の街でもなかった 統計データーから考える 時短要請の効果は?
663,201 回視聴 ・ 9 か月前

上のYouTube動画の5分50分辺り(次図)で、実際の感染場所は、居酒屋や飲食店は0.5%に過ぎず、病院など医療機関(次図のオレンジ色)、企業など事業所(次図の緑色)、学校など教育機関(次図の赤色)がほぼ7割以上を占めている。新型コロナの病院クラスターなども企業や学校の健康診断が大きく影響していると思う。健康診断は空気感染、接触感染の危険大です。

■参考資料2) 健康診断、オリンピックの開催時期に感染ピークがあること

Fuji:

Googleで「コロナ 感染者数」で検索すると次のグラフが出るように、秋季健康診断、春季健康診断、オリンピック開催の順に感染ピークがあると見られ、健診も新型コロナの感染リスク大(飛沫・空気感染)だと思う。

参考資料1) の「病院、企業、学校でコロナに感染していたという情報」と考え合わせると、企業や学校の健康診断が真のコロナ感染源と考えられる。上のグラフで感染ピークが見られる期間に規制されていた飲食店や居酒屋が主たる感染源ではない。

企業や学校等の健康診断にて、元気な男女が病院、診療所、保険場などからコロナウィルスを企業の職場や家庭などに持ち込んで、高齢者を中心にコロナに感染・死亡させているならば、健康診断はコンプライアンス違反(国・厚生労働省、医療、企業の製薬会社への利益供与、社会的責任放棄)、CSR違反(多様性、社会的責任、人権、株主ステークホルダーの信用失墜など)該当する。今のところ「犯罪」とまでは言わないが、上記の「違反」ではないですか?

■参考資料3) 健康診断の血液検査で新型コロナに空気感染する危険性

Fuji:

書籍「コロナの正体、(著者 森下竜一、長谷川幸洋)」に、「採血も本来であれば、いわゆる陰圧ルームという空気を吸い込む場所で行わなければならない。」とあるため、健康診断の血液検査によってコロナなどに空気感染、接触感染する危険性が高いと思う。
(著者の森下竜一・大阪大教授は国内の新型コロナウイルスワクチン開発、創薬ベンチャーのアンジェスの創業者で有名)

ウィルスの21世紀と呼ばれるように、今後はアフターコロナの時代であっても、健康診断は感染場所になる危険があると思う。

また、そもそも新型コロナは、①空気感染なのか、②接触感染なのか、③飛沫感染なのか、(報道では)厚生労働省さえも分かっていないようなのはとても困ったことだと、ネット動画等で批判されている。
①空気感染なら、企業や学校等から大多数の人が次々に集まる点で、健康診断自体は感染リスクが大きい。レントゲン検査室の狭さはコロナに空気感染する。
②接触感染なら、レントゲン検査、血圧測定などで自分自身や看護師も接触感染する。
③飛沫感染なら、上記の血液採血も感染に関係するでしょう。

■参考資料4)レントゲン検査の被曝でがんになり、マンモ検診は乳がん死亡や総死亡を減らさないかもしくは増加させるという可能性

Fuji:

広島と長崎が原爆投下された戦争後、原子力の平和利用が始まり、健康診断で人々は春秋の企業健康診断で年2回X線を浴びていますが、X線のために多くの書籍でがんになる恐れが指摘されています。

健康診断のレントゲン検査は無くすか任意(希望者のみ受ける)とし、新型コロナワクチンと同様に任意検査にするべきだと思う。

近藤誠医師の「健康診断は受けてはいけない」45ページで次のようにあります。
「マンモ検診は乳がん死亡数を20%ほど減らすようにみえ、「マンモ検診は有効」の根拠になりました。
そのため八〇~九〇年代に、欧米ではマンモ検診が制度化され、各国の乳がん患者数が激増し、検診施設、手術医、機器メーカーなどからなる業界はうるおいました。しかし、第二幕があります。
二〇〇〇年、世界トップランクの医学雑誌に載った一本の論文が、マンモ業界を震撼させたのです。八つの比較試験を再点検したデンマークの医学者らが、「マンモ検診は乳がん死亡や総死亡を減らさないか、もしくは増加させる」と発表」

実際、右の図のように、乳がん発見数の増加に対して乳がん死亡数は増加していません。

乳がん発見数だけ抗がん剤治療が増えるマンモ検診の恐ろしさだと思いませんか。

■参考資料5) 降圧剤が人々を年間1万人も透析患者にする「人殺し医療サイクル」

Fuji:
(1)WHOが血圧基準を130に下げた!
昔は180だった血圧の基準を、あのWHOや厚生労働省が150を経て130に下げたため、健康診断で「要治療」の人が続出して元気でも患者にされ、現在は6割が高血圧だと診断されていることは有名です。

(2) 製薬会社は降圧剤でぼろ儲け
WHOが130に下げた結果、健康診断を厚生労働省から法で強制される人々は高血圧症とされ、製薬会社は降圧剤の利益が何兆円にも増えぼろ儲けです。

ちなみに、新型コロナのワクチンも降圧剤と同じだという認識であり、その理由としてイベルメクチンは無償提供されているがコロナワクチンは無償提供を製薬メーカーが拒絶している点です。

(3)血圧140等で「要治療」と判定した医師は、その患者を治療しなければ「医療過誤」だと国・厚生労働省から評価される。
医師の過失にもなる。実際、血圧140程度の高校生でも降圧剤が与えられるらしい。

(4)健康診断で「要治療」と判定された人々は降圧剤を飲まされる。
実際、血圧は、人によって個性があり、日々、その時々に上下に変化するものなので原因も様々であるため、血圧140で「要治療」という健康診断結果はやり過ぎだと思う。結果的に、医師が勧める降圧剤を安易に頼る人も多く、これが降圧剤がよく売れる仕組みですが、日本国民全体を無駄な医療に巻き込んでいると思う。無駄な医療無くすことは大きな改善点です。

(5) 降圧剤のために年間1万人が透析患者になっている。
問題は、安保徹医師が書籍「やめてみるだけ」で指摘されているように、その降圧剤によって血液が汚れて、降圧剤に頼る人々が年間1万人も透析患者になっているという事実があり、「人殺し医療サイクル」とおれは呼ぶ。

Fuji:

上の1から5までの「人殺し医療サイクロン」の次図を作ったからぜひ見てほしい。(^〜^)

図1「人殺し医療サイクロン」

Fuji:

安保徹先生の本から引用するよ(*^^*)

132ページ
「腎臓病や糖尿病による透析患者さんの数が年々増えています。それだけ「早くから」間違った治療に引きずり込まれる人が多いからでしょう。
なかでも、透析の患者さんが年に1万人ずつ増えているのは、高血圧や腎機能低下の早期発見で利尿剤を使うためです。利尿剤は交感神経を緊張させ、白血球内の頼粒球を増やします。その増えた顆粒球が活性酸素を放出して腎臓を攻撃し、体内の水や老廃物の排泄をできなくさせるのです。

つまり医療が(血圧130以上の)日本人の健康をむやみやたらに害している。健康診断の血圧測定「血圧130以上で要治療」等は、医療や製薬会社が人々の健康に関わり過ぎる人命軽視のコンプライアンス違反でしょう。ちなみに、キリンの血圧は300、高齢者は220とかザラであって長寿村でも血圧が高いほど長生き、低いと短命と指摘する書籍も多数あり、今や常識です。人の血管は500の血圧まで耐えるらしい。

fujii:

人殺し医療は血圧だけでなく、コロナワクチンやコロナワクチンパスポートも同じ人殺し医療となる。我らは、彼ら製薬会社すなわちディープステートのカモなのだ。

■参考資料6) 無駄な医療費が多すぎ、健康診断や人間ドックは世界で日本だけが実施

fujii:

年間40兆円の税金が医療に消えています。40兆円もの税金を減らしていこうという政府・」厚生労働省らの努力目標はないのでしょうか?
たとえば、健康診断結果はカラー印刷ですが、白黒印刷で十分で、このように無駄な医療のために使う税金があるくらいなら日本の将来を担う若者にお金を使うべきです。

健康診断は世界で日本だけが実施していることを近藤誠 医師の書籍の表紙で知りました。
人間ドックも日本だけ。その書籍に「健康診断で健康になったデータが存在しない」らしい。

以下はアマゾンHPの書評です。

●2019年8月12日に日本でレビュー済み
「医療が発達し、世間一般の意識も上がり人口も減ってくる、そして医師は数が増え、国の医療費予算も先細りときたら医師自身が、健康な人たちを何とか合法的に病院に連れてきて、病人にしたてなければいけません。血圧の上限は150→130に、これで成人の8割は高血圧で、血圧降下剤を飲まされます。腎臓が疲れている患者さんは少し休ませれば回復するのに人工透析へ。同じくドル箱です。これでは病気にしたいのか元気に健康にしたいのかわかりませんね。」

●2019年6月5日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
診療、医療を受けるのも、受けないのも個人の自由です。近藤先生の本は何冊か読みましたが、この本も健康と医療に対する善き指針となりました。最近また血圧の標準値が下がりました。病人を増やして薬漬けにしたい日本高血圧学会は本当に恐るべき存在です!

●ばか正直
5つ星のうち5.0 一切の健康診断をやめた。
2019年9月6日に日本でレビュー済み Amazonで購入
何も知らずに若いころから健康診断を受け続けてきた。もう少し早く近藤先生の本に出会っていれば・・・。一切の健康診断を受けないと決めてから晴れ晴れと生きている。近藤先生に感謝しています

Fuji:

医師は患者一人を人工透析にすると700万円をもらえるとウワサの利権は本当か?

健康診断の強制は、コンプライアンス違反(ハラスメント)であり、企業を貶める意味で企業株主等へのCSR違反ではないでしょうか。

これらの国民の声は真実だと思いませんか?
厚生労働省や健康診断関係者からこの回答がほしい。
回答する責任がある人は、政府・厚生労働省や健康診断の関係者でしょう。
実際、人からの質問に対して説明責任が求められるコンプライアンスの時代です。誰か答えられるのかな?

同様な書籍や動画は、次のように多数あります。

■参考資料7) ワクチンの危険性(3%の人が働けない)を各国政府が隠していること

Fuji:
各国政府はワクチン接種の危険性を説明しないのか?彼ら政治家に思いやりが足りない。というか国民を上から舐めている。
①新型コロナワクチンで副反応が出た3%の人が働けず日常生活に支障をきたし、医療のサポートが必要になっていること、ファイザー製薬の動物実験でネコ50匹が全匹死亡したこと、②動物実験で5回目接種から死亡、③動物が死に始めたので動物実験を中止

■7-1) 国内の医師ら450人がワクチン反対の嘆願書
「国内の医師ら450人がワクチン反対の嘆願書!!…その理由はこちら。」
https://share.buzzvideo.com/al/ZZZZdTsR

動画の3分50秒辺りで出てくる、「日本人1億人が新型コロナワクチンを打つと300万人が働けなくなる」という情報は、新型コロナワクチンの大問題であり、コロナワクチン接種希望者の全員に伝えるべきリスク情報です。

厚生労働省も、国民の健康に重大な情報があるのに、製薬メーカーに都合が悪い情報は国民に隠す形で、新型コロナパンデミックの大きな責任がある田村厚生労働大臣や河野ワクチン大臣たちも「医師たち450人の指摘」をテレビ、新聞等で国民に伝えず、なにを考えているのか?

製薬企業は犯罪者集団です!テロ組織だな。

医師ら450名中の2名が船瀬俊介氏と一緒に次の本「コロナワクチンの恐ろしさ」を出版されている。ファイザー副社長だったマイケル・イードン博士は、動物実験でネコ50匹が死亡、ワクチンを打つと2年で死ぬといい、退社している。タマホーム社長も5年で死ぬとニュースになりました。わかりますか?

19ページ
「イードン博士は「ワクチンを打つと2年以内に死亡」……と衝撃発言を行っている。
医学博士である彼が、根拠なく2年という数字を挙げるはずはない。
いっぽうで、ファイザー社は密かにネコやアカゲザル、マウスなどによる動物実験を行っていた。そしてネコは50匹が全匹死んだという。他の動物も同じ運命だろう。
驚愕の結果だ。

副社長で同社の医療・科学部門の最高責任者であった彼が、この実験の指揮を執ったこともまちがいない。
そして実験動物全減……という驚愕結果。彼はおそらく社長にワクチン開発の中止を進言」

■7-2) 動物実験で5回目接種から死亡
動物実験で5回目接種から死亡という情報は、厚生労働省は知っているのでしょうか。
「コロナワクチン、動物実験で5回目接種から死亡事例増加」
https://news.yahoo.co.jp/articles/52831e7dfd7e843177b838e007e8b1428fa22c3e?page=1

■7-3) 動物が死に始めたので動物実験を中止
次の動画も流れてきています。
「米国の上院委員会で医師がワクチンに関する意見「動物が死に始めたので動物実験を中止した」」
https://share.buzzvideo.com/al/hrjwxvws

我々は安易に健康診断などで病院、診療所に行って感染拡大させるときではないと思う。

■参考資料8)新型コロナワクチンの副反応被害者が重篤なこと

Fuji:

厚生労働省のホームページで新型コロナワクチンは劇物指定にも関わらず、国・厚生はワクチン接種を国民に推奨しています。企業では劇物を厳重に管理しているのに、厚生労働省や河野太郎ワクチン大臣は劇物のワクチンを勧めたなんておかしくないですか?

「子宮頸癌ワクチンとの共通点!?「新型コロナとワクチンまさに知らないと不都合な真実」ワクチンを打つ前に!知っておく。」というホームページがあります。
https://ameblo.jp/truthelohim/entry-12670189244.html

動画の前半:子宮頸がんワクチン副反応の被害者
動画の後半:新型コロナワクチン副反応の被害者の動画がリークしたがすぐに消された。↓↓↓

■参考資料9)「救済ゼロ」の「子宮頸がんワクチン副反応」も
新型コロナワクチンと同じ「遺伝子ワクチン」だったこと

Fuji:

子宮頸がんワクチンは「遺伝子ワクチン」だったことを
「なぜワクチン薬害が起きるのか。子宮頸がんワクチン
は遺伝子組み換え製剤だった」という書籍で知りました。

副反応は深刻で厚生労働省は「救済ゼロ」でもあるため、
新型コロナワクチンをも国民に勧めている厚生労働省も
残念ながら信用ゼロです。

子宮頸がんワクチンの副反応被害女性たちのユーチューブ動画:

Aさん:ワクチンで脳神経がおかしくなりベッドで暴れている。

「子宮頸がんワクチン 副作用」で検索したり、本を読むと、子宮頸がんワクチン副反応のため現在も国・厚生労働省と「訴訟中」、「救済ゼロ」であることがわかります。
新型コロナのワクチンを積極的に勧めたり、健康診断を法律で国民に強制している厚生労働省は今更ながら異常な組織だと思いませんか?


われら国民は、国・厚生労働省と「離婚」して税金は返してもらう、今後税金は払わないことが必要になると思う。そのように近所の議員さんや、自分が選挙応援している地方政治家達にに伝えよう。

現在、政府・厚生労働省は(次の記事のように)、子宮頸がんワクチンを再開する動きですが、コロナ、健康診断だけでなく、厚生労働省も危険な「悪魔的存在」でしょうか。

★HPVワクチンの「積極的勧奨」再開、厚労省検討へ 22年度視野に
毎日新聞 2021.08.30
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
子宮頸(けい)がんなどの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染を防ぐとされるワクチンについて、厚生労働省は2013年から差し控えている積極的な接種呼びかけの再開に向け、議論を始める。審議会に諮り、来年度からの再開も視野に検討する。
https://mainichi.jp/articles/20210830/k00/00m/040/286000c

政府・厚生労働省がワクチンでこのような酷い被害者を出しているからこそ、新型コロナのワクチンを打たない人が多いのは当たり前だと思いませんか?
彼らこそ「厚顔無恥」の極みだ。というは、彼らは闇の支配者、ディープステートだからだろう。

参考資料10)書籍「ワクチンSOS」より日本病の定義の1つは、自分の保身や名誉やお金や利益や自分が生き延びるために、明らかにそれが間違っているとわかっていても、正しいことが何かわかっていても、それをやる勇気がなくて一歩踏み出すことができなくて集団で無視すること

Fuji:

ここまで、健康診断の影響となり得る①新型コロナの感染、②X線被曝によるガン化、③降圧剤による透析患者年間10000人の発生、コロナワクチンの被害(副反応の3%が働けない)という内容でしたが、看過できない状況です。

書籍「ワクチンSOS」では、次のように日本人の特徴を述べています。
「死に至る病い日本病』にも書いていますけれども、日本病の定義の1つは、自分の保身や名誉やお金や利益や自分が生き延びるために、明らかにそれが間違っていると
わかっていても、正しいことが何かわかっていても、それをやる勇気がなくて一歩踏み出すことができなくて集団で無視することですが、これが今の日本人の特徴になってしまったのかなと思います。」

このような日本病、グーミン(がん医療の内海 聡 医師が指摘)を脱する「意識改革」が重要なときでしょう。

実際、私自身の仕事も、上記のグーミンのようにならないよう、特に健康診断や各種ワクチンのように人々の利益や生命・健康を傷つけるコンプライアンス違反などに気をつけたい。

意識改革」が必要だ。

わたし、京都サムライ富士が一番嫌いなことは、上述のように「行動」する国・厚生労働省、企業、製薬会社らを反面教師として
「人の不幸の上に自分の幸福を築かないこと」
そして、
「人の不幸を見過ごせる程度の低く浅い幸せで自分の人生を終わらせないこと」
だと思っている。
驚いたかい?
京都にも俺のようなバカがいるんだ。(^▽^)/
「人生は行動」、そして「遊ぶ」のだ。わかるかい?(^^♪

わからねば片っ端から斬るのみだな〜!(^o^)/

■参考資料11) イベルメクチンという良薬(予防・初期治療薬)について

Fuji:

■11-1) コロナ予防薬としてイベルメクチンを購入
最近、おれはイベルメクチンを「ぽちたま薬局」でネット購入して、喉にタンがからんで「風邪をひくかな?」感じたときに、コロナ予防としてイベルメクチン12gを飲みましたが、副反応もなく元気でタンは取れました。

ちなみに、イベルメクチンでのコロナ予防方法はネットで参考できます。
アフリカ等で3億人の実績があり副作用もなく、新型コロナワクチンよりはるかに安全です。

■11-2コロナパンデミック対策の良い方法
つぎの動画(1分30秒辺りから)のように、イベルメクチンの長尾医師のコメントがテレビ等で有名になっています。
・コロナが2類だから保健所が対応不十分で感染者が自宅で死ぬことになっており、5類に変更するべき。
・コロナが5類に変更されれば、病院で風邪の患者のように対応でき、初期症状でイベルメクチンを投与すれば良い(コロナパンデミックは終わる)。

★「アレックス・ジョーンズ『東京都医師会がイベルメクチンは効果的と発表』怒爆発!アレックス」
https://share.buzzvideo.com/al/SeeMxNNs

長尾医師は、2類だと感染しても保健所では何も治療できず自宅待機させ重症化するので、5類のインフルエンザレベルに落とせば軽症のうちにイベルメクチンを3日連続飲ませば治るといい、西村厚生労働省大臣もイベルメクチンの使用を許可しているという。東京の医療の現場ではイベルメクチンを投与してコロナは押さえられていたのだ!

ならば、なぜこのときに解散選挙させるのか?

ディープステートが2類を維持させ5類にさせずコロナを長引かせているようにしか見えない。ワクチン利権だ!

実際、コロナの経口薬の新薬をメルク社が出すらしいが、そんな高い薬など不要で、イベルメクチンがあれば十分なのだ。メルクの売薬利権者達の喜ぶ笑顔が目に浮かぶよ〜世の中おかしいね〜(*^^*)

いま2021年10月末の現在、政府らは選挙のことばかりで「イベルメクチン」や「5類に下げること」など、ディープステートに怒られるのでタブー視して、ディープステートにもっと凄いコロナを日本にばらまくと脅されているいるようだ。

彼らこそまさに「平家物語」のグーミンだな〜いい加減でなくもっと「国民に情報公開して」心で仕事をせいや(^^♪

読者のみなさん、今回の投稿のポイントは、我ら国民と、国家や厚生労働省や企業との「離婚」です。わかりますか?

我らはディープステートに闇の支配で殺されるぞ!!(^ω^;);););)

また投稿します(^^)

Fuji:

ではまた(^^)


なるべく最短の人生を歩むための情報サイト(旅行,温泉,健康ランド,健康,読書,ネット,IT etc) by 富士&アルプ